Overblog
Suivre ce blog Administration + Créer mon blog
ボルドーのお母さん Maman de Bordeaux

ボルドーのお母さん Maman de Bordeaux

先日子育てが一段落した、ボルドー在住日本人おかあさんによる、約20年間の育児絵日記のブログ。 リアルタイムのボルドー関連おすすめ情報もご紹介。 Un blog présentant les journaux écrits pendant environ vingt ans par une maman japonaise pour sa fille vivant à Bordeaux où l’enfant a grandi et désormais devenue adulte. Vous y trouverez des informations liées au Bordeaux d’aujourd’hui également.

09/05/2018 Publié depuis Overblog

鬼ごっこ

鬼ごっこをして遊ぶ。ボ子が鬼。家の廊下を二往復。昼と夜繰り返す。よほど興奮するらしく、よだれをたらして追いかけてくる。 おかげでその日の寝つきの良かったこと。 「逃げないの?」

En savoir plus

09/05/2018 Publié depuis Overblog

食事用椅子 安全第一

「冗談じゃろ?な?」 「出してたもれ」(泣くぞよ)

En savoir plus

08/05/2018 Publié depuis Overblog

絵本

こんにちは。お元気ですかー? さて、皆さんは、子どもの時好きだった本が、大人になって懐かしくなることはありませんか。特にその詳細を忘れてしまっていると、なおさら愛しさが募ってしまう、という。ボ母は、大人になった今だからこそ、もう一度開いてみたい懐かしい本が何冊もあります。...

En savoir plus

07/05/2018 Publié depuis Overblog

秋のガロンヌ河岸

「気持ちいいねえ」 当時のガロンヌ河岸に設置されていたベンチって、小岩(おそらく昔の舗道の石)を金網に詰めた、こんな寂しいデザインだったのよ。 花粉が飛ばない涼しい秋。 Jardin public は,いつでも美しい。

En savoir plus

07/05/2018 Publié depuis Overblog

初めての散髪

前髪が目に入るようになった。可愛いけど仕方ない。切ることにする。夜のおっぱいでウトウトした時を狙う。動きませぬように。怖ええええ。 点線部分をカットしました。 失くしてしまったへその緒(しつこい)の代わりに、今も大事に日記に保管してあります。 もともとカワイイから何をしてもカワイイんだけど、これは切りすぎじゃ!変!仏父のバカ―! 小話:買い物キャディーに書いてある<AUCHAN>とは、フランスの大きなスーパーのこと。写真の場所は、そのスーパーのあるショッピングセンター内の通路。...

En savoir plus

07/05/2018 Publié depuis Overblog

ペットボトル

「何んぞ楽しいことはないかいな」 床にあったペットボトル(大)を、手ではじいて転がして、追いかけながら、居間から寝室まで行った。 「ふぅう!楽しかったねえ!」 「おお、愛しのファスナーが♡ 次はこれで遊ぼうかい」(汗びっ...

En savoir plus

06/05/2018 Publié depuis Overblog

柴君

あるお宅へお呼ばれ。 そのお宅には柴犬がいて、赤ん坊は、最初は警戒して観察しているだけでした。ボ子は、慎重な性格らしい。(で、そのまんま大人になるのね) 他の子どもに何をされても、柴君が大人しいのを見て、「無害」と自己判...

En savoir plus

06/05/2018 Publié depuis Overblog

頭発見

触るようになりました。両手で挟み込むように。 「なんじゃ、これ?」 ついこの間、耳を見つけたと思ったら。

En savoir plus

06/05/2018 Publié depuis Overblog

お砂場デビュウ Jardin public

まず、まるで水面を撫でるように、両手で砂をかき分ける。 そののち、 砂を一粒一粒、つまみ出す。このお方の気性が分かり始めているボ母、心配する。お砂場の砂を全て観察するつもりらしい。(さみーよ、かえろーよ)

En savoir plus

06/05/2018 Publié depuis Overblog

初めての砂 Jardin public

児童公園の地面を、ボ母の手をつかんだまま、しゃがんでは触り、触っては立ち上がり、を繰り返しました。 そして満足したら、今度は、手に付いた砂を嫌そうに見て、振り払いたいのか、手を振っていました。 バイバイしているように見え...

En savoir plus