Overblog
Suivre ce blog Administration + Créer mon blog
ボルドーのお母さん Maman de Bordeaux

先日子育てが一段落した、ボルドー在住日本人おかあさんによる、約20年間の育児絵日記のブログ。 リアルタイムのボルドー関連おすすめ情報もご紹介。 Un blog présentant les journaux écrits pendant environ vingt ans par une maman japonaise pour sa fille vivant à Bordeaux où l’enfant a grandi et désormais devenue adulte. Vous y trouverez des informations liées au Bordeaux d’aujourd’hui également.

Top articles

  • 人見知り

    06 avril 2018

    あるパーティーにて、ひとりのご婦人に抱かれた途端、泣きだして、何をしても泣き止まなくなりました。 大音響なので、迷惑を避けるため、会場を後にし、「乗り物に乗ると泣き止むかも?」ということで、フランス父とムスメがバスで帰宅することに。案の定、乗ったとたんに泣き止んで行儀よく風景を見てたそうですよ。 火が付いたように突然泣き出したのは、後にも先にも、この一度だけ。バス停に行くまでも「あんなに泣かせちゃだめだよ」とすれ違いざまに言われ、途方にくれました。 今は、外で泣いている赤ん坊を見ると、親御さんに...

  • ハサミ♡ciseaux.

    14 décembre 2020

    買い物中、小人さんを見て。「すごくちいさい、ちいさい、ちいさいムッシュー」 En faisant des courses, elle a vu un petit monsieur et elle l'a dit. (約20年前) (il y a environ 20 ans) 幼稚園から切り抜きを持ち帰る。ハサミを使えるようになりました。 Elle ramène à la maison des coupures de presse de la maternelle. Elle sait maintenant...

  • クレモン君に泣かされる Jardin public

    26 juin 2018

    彼におもちゃのごとく触られ、嫌がって助けを求めて泣く。 これ、この遊具。

  • 初ノエル

    01 juin 2018

    ボ父のいとこ一家と過ごすノエル。居間の床に敷物をしいて即席遊び場にする。相手して遊んでくれているのは、ボ父イトコさん。 楽しいクリスマス休暇を終えて、ボルドーに戻るよ。

  • 切れたクチビル Jardin public

    07 juin 2018

    こけて滑り台にぶつかり、自分の歯でクチビルを切ってしまいました。血が出てて、地を見るのが怖いボ母は、驚きました。すぐに乳母車に乗せ、傷口を常備の消毒液で抑える。赤ん坊は、痛点が鈍いのかしらん?本人はあまり痛がらず、すぐ遊びに復帰。 これ、この滑り台です。

  • ウィンク♡Clin d'œil

    31 août 2021

    (約20年前)ボ母はウィンクができないので、できるボ子を尊敬してしまう。やはり母娘といえども他人なんだなあ。なんだか安心だあ♡ (Il y a environ 20 ans) Maman Bo ne peut pas faire de clin d'œil, alors j'admire ma fille qui le peut. Je suppose que nous sommes toujours différentes même si nous sommes mère et fille. Quel...

  • お兄ちゃん jardin public

    05 juillet 2018

    六歳のアーサー君に、「可愛いねえ」と言われる。言い方に気持ちがこもっていた。 弟らしき子には、イジワルだったけど、ボ子に対しては紳士だったわ。

  • 登りたい

    23 juillet 2018

    台所の防護柵によじ登ろうとする。 そういえば、公園でも遊具に登ろうとしてたっけ。

  • 初めて下りれた Jardin public

    25 juin 2018

    初めて、遊び場から転ばずに地面に下りれた! ちょっとよろめいたものの、倒れなかった。 こんな小さい段差も、小さい人にとっては冒険なんだねえ。

  • 新しい遊び

    27 mai 2018

    おもちゃ箱にしてる段ボールの中身を、外に投げる遊び。 メイワク、メイワク。でもそれが子どもの仕事だからのう。

  • 二段まで昇る Jardin public

    14 juin 2018

    ついにというか、やっとというか、一歳にして滑り台の階段の二段目まで制覇する。そのあと、すぐ滑って下段に戻ったものの。 「そこに階段があるから」

  • じさまの木 Jardin public

    10 mai 2018

    恥ずかしくナーイ、恥ずかしくナーイ。 外国での子育て。そして異郷での子育ても含め、全ての親が、このように感傷的になる時季があるはずだ! それでね、庭園には、ボ母がこっそり「じさま」と呼んでる、特別にお気に入りの木がありますの。2018年も健在で。イラスト中で話しかけてる相手こそ「じさま」。人間を見守るように立っている「気になる木ー♪」なのですわ。

  • Jardin public 自主トレと石けん男

    20 avril 2018

    こないだ二歩あるけたことが自信と更なる立っち欲求に火をつけたらしく、暇があればどこでも下半身を鍛える自主トレを欠かしません。人間って、こんなに努力して二足歩行を獲得してるんですねえ。 Jardin publicといえば、母子でココにいると、本当に様々な人から予想外の声をかけていただきました。 この日は、通りすがりの男の人が「これ上げる」と、赤ちゃん用入浴石鹸をくれようとしました。知らない方なので「ご親切に。でもアトピーなので決まったものしか使えませんの。」と丁寧に断りました。 フランス父「新品に...

  • いないいないばあ

    06 avril 2018

    風呂上がりに髪を拭いて、あらよっ、とタオルで髪を包むと声を立てて笑う。 四カ月になって、一歳用の服がぴったりになって、男の子(キリッと)してたのが、女の子っぽくなって、笑ったり反応するようになって、「ムスメ、ますます可愛くなるなあ」フランス父。

  • 目覚めはいつも

    29 avril 2018

    こんな感じにカワイイ。 「何が起きたにょ?」

  • Tシャツの中に♡dans le T-shirt

    25 septembre 2021

    (約20年前)ボ母のTシャツの中に入りたがるボ子。(三歳半) (il y a environ 20 ans) Boko veut entrer dans le T-shirt de sa mère.(3ans et demie) フランスに住む三毛猫の未来の思い出帳。  現在6歳。美しい容姿からは想像もつかない、過酷な人生を経て、九カ月のとき、三毛猫に一目ぼれし... 愛娘ボ子が独立して家を出てからの、ボ父ボ母の三毛猫ライフ。そこに最近、ボ母のMSFS2020飛行機ライフが加わりました。 La vie...

  • 提灯のある浮世絵 小林清親 Kiyochika

    13 juin 2019

    小林清親 KOBAYASHI Kiyochika 提灯行灯のある浮世絵。 Ukiyo-é avec Chochin. 当展覧会で初めて知った画家さん。 Le peintre que l'on a découvert à l'exposition. Fils d'un officiel du gouvernement, Kiyochika est fortement influencé par l'art occidental qu'il étudie auprès de Charles Wirgman....

  • 提灯のある浮世絵 二代目広重 Hiroshigé-II

    13 juin 2019

    A Kyoto: Série: Cent vues de lieux célèbres des différentes provinces. Hiroshige II , également nommé Shigenobu, est un peintre japonais du . Né en 1826, il est supposé mort en 1869. Sa période d'activité se situe dans la deuxième moitié du siècle. Ses...

  • 初めて!唄と電話♡Chant et téléphone

    30 mai 2020

    "mon imagier des rondes(童謡)" (約20年前) (il y a environ 20 ans). 初めて!CD "mon imagier des rondes(童謡)"の曲を歌ってくれた。続けて三曲も。 Pour la première fois,Boko m'a chanté une chanson du CD "mon imagier des rondes" (comptines pour enfants). Deux autres chansons à la suite....

  • 鼻ほぼ完治♡Le nez, presque guéri

    10 janvier 2020

    (Il y a environ 20 ans) Youpi. Son nez juste un peu rouge, a presque guéri. Comme la peau fine de l'ancienne blessure est fragile contre le rayon soleil, on y colle un pansement à chaque sortie. Aux mains, Boko gardera toujours à la sieste les gants aux...

  • Le nez qui commence enfin à guérir♡

    03 novembre 2019

    Comme Boko ne touche plus son nez depuis trois jours, son nez commence enfin à se guérir♡ Boko:"On va monter Potalon(pantalon)-♪" C'est bien, elle commence à s'habiller toute seule. おまけ:写真を見て「おかあさま」と言う。「おさかな」とも聞こえる。 Bo... おまけ:ボ母自作の「お手洗いの歌」が好き。「パンツ上げて―♪...

  • ブランコの扉 Jardin public

    08 juin 2018

    ブランコのあるところは、安全のため低い鉄柵で囲まれている。その扉を開閉するのが大好き。

  • ケータイ

    27 mai 2018

    下あごに五本目の歯が生えてきてるから、口になんでも入れたいのよね。

  • 初めの二歩

    20 mai 2018

    このとき、丁度11カ月半くらい。で、このまま歩くかと思いきや、さすが慎重派ボ子、そうはならず。

  • ううーん

    01 avril 2018

    朝一の授乳の後、うんちを頑張るのが日課。 このごろは重くなったので長椅子の背に座布団を立てて、 そこに、赤ん坊をもたれかけさせている。 これだと母親の肩が疲れなくてよい。 ううーん、となっているときの、おしりがとてもキュート